HOME » CROSSについて » CROSSとは?
The 9th AONSA/The 2nd Neutron and Muon School Meet@MLF Science & Technology in MLF
採用情報 イベントカレンダー

CROSSとは?

一般財団法人総合科学研究機構(CROSS)は茨城県土浦市に本部を置き、茨城県南地域を中心に活動を展開してきました。2001年度から建設を開始した大強度陽子加速器施設(J-PARC)は、東海村に本部を置く日本原子力研究開発機構(JAEA)と、つくば市に本拠を持つ高エネルギー加速器研究機構(KEK)の一大共同事業として、また省庁統合のシンボル的なプロジェクトとして強力に推進され、8年の歳月を掛けて2008年、東海村に完成しました。CROSSはこれを契機に、東海村での新たな事業展開を目指して、2010年4月に東海事業センター(2016年度に中性子科学センターに改名)を開設しました。センターの設置場所は、茨城県が旧NTT跡地を整備したいばらき量子ビーム研究センター内です(通称「IQBRC」;東海村白方162-1)。

中性子科学センターはそれから約1年間、中性子をはじめとする量子ビーム利用に関する企画調査を行うとともに、2009年7月に特定先端大型研究施設の共用の促進に関する法律(略称「共用法」)が適用されたJ-PARC特定中性子線施設に係る登録施設利用促進機関(略称「登録機関」)申請の準備を、CROSS本部と一体となって行いました。2011年2月7日に文部科学省から告示された「共用法のうち特定中性子線施設に係る利用促進業務実施機関の選定について」、および「共用法の施行規則改正」(文部科学省令第三号)、文部科学大臣の「基本方針改正」(文部科学省告示第十号)に則ってCROSSとして申請を行い、同年2月21日に登録通知を受け、3月22日に登録機関に選定されました。そして登録機関としての利用促進業務を実施する場所として当中性子科学センターが指定され、同年4月1日より業務を開始しました。