HOME » 公表情報、刊行物など » プレスリリース
The 9th AONSA/The 2nd Neutron and Muon School Meet@MLF Science & Technology in MLF
採用情報 イベントカレンダー

プレスリリース

» 2017年9月8日 フラストレーションと量子効果が織りなす新奇な磁気励起の全体像を中性子散乱で観測
-新しい磁気理論の指針を提示-
量子効果が顕著な三角格子反強磁性体の磁気励起の全体像を中性子散乱実験で初めて捉えました。
» 2017-8-14 シリコンを使わない太陽電池の設計に道筋 -有機系半導体の特性を解明、次世代型太陽電池の実用化へ期待- シリコンを使わない、新しい半導体を使った太陽電池の設計への道筋が見えてきました。「ペロブスカイト半導体」と呼ばれる材料を使った方法です。
» 2017-7-27 200年にわたる謎に終止符、ガラスの基本単位の構造を決定
-オルトケイ酸を用いた高機能・高性能ケイ素材料の創出に期待-
ガラスの基本単位であるオルトケイ酸の結晶化に成功し、その構造を決定しました
» 2017-6-19 電子:自転がふらつくと、軌道も変わる
―磁性物質における電子スピンのふらつきと電子軌道の結びつきが明らかに―
マンガンとバナジウムの複合酸化物における電子スピンのふらつきを測定し、磁性体において熱の伝わり方や磁石の向き、磁石の強さなどをコントロールする場合に重要な指標である電子スピンのふらつきが電子軌道の変化と結びついていることを明らかにしました。
» 2017-4-20 数学のグラフ解析を用いて、新物質の結晶構造を解く手法を開発 グラフの解析に関わる数学理論を、粉末X線・中性子線回折測定装置より得られる実験データに適用することで、従来のものと比較して結晶格子決定の成功率・計算効率ともに大きく改善されたソフトウェアを開発しました。
» 2017-3-21 コバルト酸鉛の合成に世界で初めて成功し、新規の電荷分布を発見
- 鉛、コバルトの両方に他に例のない電荷秩序、イオン価数制御の新手法により機能性酸化物の開発に期待 -
ペロブスカイト型酸化物コバルト酸鉛(PbCoO)の合成に成功し、鉛とコバルトの両方が電荷秩を持った、「Pb2+0.25Pb4+0.75Co2+0.5Co3+0.5O3」という他に例のない電荷分布が実現していることを発見しました。
» 2017-3-14 1つの金属原子に9つもの水素が結合した新たな物質の誕生 「1つの金属原子に9つもの水素が結合した新たな物質群」の合成に成功しました。
» 2017-1-13 地球形成期におけるコアの軽元素の謎に迫る - 鉄へ溶け込む水素を中性子でその場観察 - 地球の中心核 (コア) は主成分である鉄に軽元素が溶け込んだものと考えられおり、どんな軽元素がどの程度存在するのかという疑問に対して、これまで数多くの実験的研究がなされてきました。

過去のプレスリリース

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年