HOME » 研究成果&イベント » 研究会等のご案内 » Workshop: CROSSroads of Users and J-PARC 第18回「偏極ターゲットと偏極中性子技術開発」
The 9th AONSA/The 2nd Neutron and Muon School Meet@MLF Science & Technology in MLF
採用情報 イベントカレンダー

Workshop: CROSSroads of Users and J-PARC
第18回「偏極ターゲットと偏極中性子技術開発 」

CROSS東海は、大強度陽子加速器施設(J-PARC)物質・生命科学実験施設(MLF)の共用ビームライン7本の利用促進業務を行っております。CROSS東海がJ-PARC/MLFと共催するWorkshop: CROSSroads of Users and J-PARC(CROSSroads Workshop)では、
(1) MLFにおける中性子利用研究開発及び研究利用支援に関する情報提供
(2) 利用者からの具体的な要望や研究提案
(3) インパクトの強いオリジナルな成果を生み出すための活発な議論
を行いたいと考えています。
第18回となる今回は「偏極ターゲットと偏極中性子技術開発」と題したWorkshopを以下のように企画いたしました。講演者の方々に最近の陽子偏極技術開発や偏極中性子利用技術開発の現状を紹介して頂き、参加者の皆様とJ-PARC/MLFにおける偏極ターゲットと偏極中性子利用の将来展望を議論したいと考えております。また、Workshop後に簡単な懇親会を企画しておりますので、こちらへの出席も是非ご検討くださるよう、よろしくお願いいたします。

開催日時

2016年6月15日(水)13:00 - 18:00

場所

いばらき量子ビーム研究センター B101会議室

シャトルバス(JR東海駅~いばらき量子ビーム研究センター・JAEA)にはご乗車できませんのでご注意ください。
東海駅からは、タクシーまたは東海村路線バス(茨城交通)をご利用ください。

参加費

無料

使用言語

日本語

申込方法

以下のフォームからお申し込みください。参加登録は開催当日まで可能です。

プログラム

アップデート 6/10

12:30開場
13:00-14:00上坂友洋(理研、仁科加速器研究センター)
トリプレットDNP ~新たな核偏極法の可能性~
14:00-14:25能田洋平(茨城大学)
水素核スピン偏極によるコントラスト変調中性子小角散乱 ~タイヤゴム材料ナノ構造解析への応用事例~
14:25-14:50熊田高之(JAEA MSRC)
スピンコントラスト中性子法の普及に向けて~DNPと中性子反射率実験~
14:50-15:10Coffee break
15:10-15:35南部雄亮(東北大学)
偏極中性子を用いた研究展望とPOLANOの現状
15:35-16:05猪野隆(J-PARC/MLF)
POLANO 3He中性子スピンフィルターの開発
16:05-16:30林田洋寿(CROSS東海)
RADENにおける偏極中性子利用の現状および今後の展望
16:30-16:55吉良弘(CROSS東海)
J-PARC/MLFにおける3He フィルター開発の現状
16:55-17:20小泉智(茨城大学)
茨城県構造解析装置iMATERIAにおける小角散乱、コントラスト変調実験
17:20-18:00コメント及び議論
18:00-20:00懇親会

懇親会

日時: 6月15日(水) Workshop終了後に予定
会場: いばらき量子ビーム研究センター 2階 東海村研究交流プラザ
会費: 3,000円(予定)

宿泊

J-PARCのユーザー用宿泊施設(東海ドミトリー) をご利用いただけます。費用は一泊2,500円です。ご利用の際はJ-PARCユーザー登録 が必要になります。
※ 部屋数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。

Workshop世話人

加倉井和久(代表)、鈴木淳市、吉良弘、林田洋寿 (CROSS)、奥隆之、猪野隆(J-PARC/MLF)、小泉智(茨城大学)、熊田高之(JAEA)

問い合わせ先

一般財団法人 総合科学研究機構 中性子科学センター
Workshop事務局
Email : mail address

主催

一般財団法人 総合科学研究機構 中性子科学センター (CROSS東海)
(J-PARC特定中性子線施設・登録施設利用促進機関)

共催

J-PARCセンター(JAEA/KEK)(予定)

協賛

日本中性子科学会、中性子産業利用推進協議会、MLF利用者懇談会