HOME » 研究成果&イベント » 研究会等のご案内 »J-PARC WORKSHOP
The 9th AONSA/The 2nd Neutron and Muon School Meet@MLF Science & Technology in MLF
入札情報 イベントカレンダー

J-PARC WORKSHOP

Deuterated Materials Enhancing Neutron Science for Structure Function Applications

中性子はタンパク質,高分子,界面活性剤などの水素を含む有機分子の静的・動的な構造研究に有効な手段であり,日々新しい研究成果を創出しています。中でも,重水素化分子を用いたコントラスト変調法は構造研究の基幹となる技術であり,さらに特定の部位のみをラベル化する部分重水素化は分子の会合・拡散現象や界面構造を理解するのに重要な役割を果たしています。そのため,重水素ラベル化技術と構造解析法の連携による中性子構造研究の飛躍的な進展は,多方面から強く望まれています。

本ワークショップでは,重水素化研究について国際舞台の最前線で活躍しているAustralian Nuclear Science and Technology Organisation(ANSTO)のT. A. Darwish博士(Chemical Deuteration)及びA. Duff博士(Biological Deuteration)と,EU重水素化研究ネットワークの中心人物であるEuropean Spallation Source(ESS)のA. Leung博士(Chemical Deuteration)を迎え,日本の中性子科学研究者とともに最先端的・先駆的な研究成果について発表・討論を行うことで,新しい研究対象の模索とJ-PARCにおける重水素化研究発展のための戦略について集中的に議論します。

開催日時

2017年10月19(木)~ 20日(金)

会場

いばらき量子ビーム研究センター B101会議室
〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162-1

参加費

無料

申込方法

お申込みフォームに必要事項をご記入ください。なお、定員になり次第、締め切らせていただきますのでお早めにお申込ください。

お申込みフォーム

プログラム

10月19日(木)

9:00-9:30 Reception
9:30-9:40 Opening, T. Kanaya (KEK/J-PARC Center)
9:40-10:00 Introduction of MLF deuteration facilities K. Akutsu (CROSS)
10:00-10:20 Coffee Break
Plenary Session 1
Chair:M. Adachi(QST)
10:20-11:00 Chemical Deuteration at the Australian National Deuteration Facility T. A. Darwish (ANSTO)
11:00-11:40 Biological Deuteration at the Australian National Deuteration Facility A. Duff (ANSTO)
11:40-13:00 Lunch Time
Plenary Session 2
Chair:K. Akutsu (CROSS)
13:00-13:40 Activities of the Chemical Deuteration Laboratory at ESS, a node of the European Deuteration Network Hydrogen as a Catalyst Activator A. Leung (ESS)
13:40-14:20 Direct Deuterium Labeling Methods Based on C-H Activation Utilizing Hydrogen as a Catalyst Activator H. Sajiki (Gifu Pharmaceutical Univ.)
14:20-14:40 Coffee Break
Session1: Deuteration Science for Chemistry_1
T. Kanaya (KEK/J-PARC Center)
14:40-15:10 Ionic liquid Deuteration and Its Structural Study (Tentative) K. Fujii (Yamaguchi Univ.)
15:10-15:40 Investigation of Fine Structures of Electric Double Layer in Ionic Liquids Using Neutron Reflectometry (Tentative) K. Tamura (JAEA)
15:40-16:10 Study of Addtives in Ordered-Bicontinuos-Double-Network Structures Revealed by SANS (Tentative) K. Yamamoto (Nagoya Inst. Tech.)
16:10-17:10 Site visit to J-PARC
18:30- Banquet, Hakkaku (八角)

10月20日(金)

Session2: Deuteration Science for Chemistry_2
Chair:未定
9:30-10:00 Quasielastic Neutron Scattering Studies of Ionic Liquids Utilizing Deuteration Technique M. Kofu (JAEA/J-PARC Center)
10:00-10:30 Deuteration in crystal chemistry T. Ohhara (JAEA/J-PARC Center)
10:30-11:00 Surface Science Using Deuterated Polymer (Tentative) N. Torikai (Mie Univ.)
10:30-11:00 Coffee Break and Group Photo
Session3: Deuteration Science for Biology_1
Chair:M. Kataoka(CROSS)
11:00-11:30 Isotope labeling strategies for the NMR study of large proteins using yeast expression systems H. Takahashi (Yokohama City Univ.)
11:30-12:00 Preparation of histones by chemical ligation methods for structural studies S. Machida (Waseda Univ.)
12:00-13:00 Lunch Time
Session4: Deuteration Science for Biology_2
Chair:M. Sugiyama(Kyoto Univ.)
13:00-13:30 Protein deuteration using algal peptone for neutron scattering S. Fujiwara (QST)
13:30-14:00 Perdeuteration and protein neutron crystallography M. Adachi (QST)
14:10-15:10 Free Discussion
15:10-15:20 Closing T. Kanaya (KEK/J-PARC Center)

宿泊

J-PARCのユーザー用宿泊施設(東海ドミトリー)をご利用いただけます。費用は一泊2,500円です。
ご利用の際はJ-PARCユーザー登録が必要になります。
ドミトリー宿泊手続きはこちらをご覧ください。
※ 部屋数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。

昼食

19日、20日のお昼はお弁当の予約を受け付けております。一食につき1000円となります。お弁当が必要な方は、お申込みフォームにて申請をお願いします。

懇親会

日時: 10月19日(木)18:30-21:00
会場: やんしゅうばんや 八角
会費: 5,000円

いばらき量子ビーム研究センター ⇔ 八角を往復する無料送迎バスをご利用いただけます。

問い合わせ先

阿久津 和宏
総合科学研究機構中性子科学センター
 茨城県東海村白方162-1いばらき量子ビーム研究センター A307
TEL: 029-219-5310 Ext:3410
E-mail: k_akutsu[at]cross.or.jp([at]を@に置き換えてください)

主催

J-PARCセンター
一般財団法人総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター